スキルで目指す方向

システムエンジニアを目指し、勉強をしている頃には「多くの知識を身に付けて現場で活躍したい」と考えていた方が多いと思います。システムエンジニアという仕事はいかに知識、経験があるかが必要となってきますから、「より多くの知識を身に着けていきたい」と考えている方も多いと思います。しかし、システムエンジニアという仕事はどういった環境で仕事をするかによって広い知識が必要となるのか。専門的知識が必要となるのかが環境によって変わってくるのです。

ここからはシステムエンジニアスキルの目指し方について、ご紹介していきます。システムエンジニアとして仕事を始めた方は、「仕事を始めても常に勉強をしている」という方も多いと思います。しかし、実際に現場を経験すると「この知識ってあまり必要ないな」と感じることもあるでしょう。企業によってはプロジェクトで仕事を進めるので仕事が分担制となっているところもあるため、一部の仕事に特化することもあります。小さな会社に勤めている場合には、幅広い仕事を任されることになるでしょう。ということは、今自分のいる環境で必要なスキルは何かを見直し、スキルアップをしていくことが必要となります。仕事が分担制となっている方であれば要件定義に関するスキル、外部設計、内部設計、プログラミング、テスト、それぞれの専門的スキルを上げていくと良いでしょう。幅広い仕事を任される環境であれば、全体を通して広い知識を身に着けていくことが必要となります。
このようにシステムエンジニアの方がスキルアップを行う際には、今自分がいる環境ではどういったスキルが求められているのかを見直してから、勉強を始める必要があります。広く浅い知識、専門的な知識、どちがら自分の環境にとって必要なのかを考え、スキルアップを目指して行くと良いでしょう。