エンジニアの方で転職を考えている方の中に、「これからはセキュリティエンジニアとして活躍をしたい」と考えている方もいると思います。エンジニアとして活躍している方の中には、「何か一つに特化して、そのプロフェッショナルになりたい」と考えている方もいるでしょうから、セキュリティエンジニアというのは魅力的な職種ですよね。
では、セキュリティエンジニアとして転身する際にはどういった企業に勤めることになるのでしょうか。セキュリティエンジニアになろうと考えた時、セキュリティーに特化した仕事をすることになりますが、こうなると「どういった企業で仕事をするのだろう?」と思うことがあるでしょう。セキュリティエンジニア求人としては専業系やコンサル系、ソフトウェアメーカー系、メーカー系、インフラ系、商社系、SIer系、ユーザー系といった求人があります。それぞれ求人には特徴があり、専業系の場合には運用も任されるケースが多く、幅広いスキルが求められます。コンサル系の場合には、コンサルティングというのが仕事のベース。ソフトウェアメーカー系の場合には、国内メーカーや海外メーカーがあり、独自の製品を製造しているため、様々なソフトに関わることになるでしょう。メーカー系の場合には大規模な企業もあり、セキュリティコンサルティングといったように系列会社を展開して仕事を進めるケースもあります。
このようにセキュリティエンジニアに転職する際には、どういった企業に転職するかによっても、仕事内容や仕事の範囲が大きく変わってきます。そのため、セキュリティエンジニアを目指す際にはどういった仕事に関わりたいのかを考え、転職先を考えていくことが重要となるでしょう。

参考までに、セキュリティエンジニアとは何なのか詳しく書かれたサイトを載せておきます。【今注目のセキュリティエンジニアとは